LINK
FXのパターンには取引所取引という取引がございます。いつものFX(外国為替証拠金取引)企業と取引を実行する事柄を「店頭取引」と言うのですが、この取引は取引所を通行させず取引のペアは外為取引企業になるのです。「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)業者はあくまでも橋渡しありますので直の売り買い相手は取引所との事になるのです。その相違をこちらで比較してみましょう。開口一番「店頭取引」の際は預け入れてある資金は外為会社にコントロールされています。「取引所取引」の次第、そのお金は全てのお金取引所に預金しないとならないと義務になっているのです。そういった事で仮に外為(FX)会社が経営の行き詰まりをするなんていう事態があったとしても、後者は、取引所によって資金は全てのお金が保護してもらうことになるのです。店頭取引の時はFX業者が束ねしているため、状態によっては会社倒産の巻き添えをの傷を受けて預け入れていた証拠金はガードされずなのかもしれません。更に税金面からみても両者においては規定に相違があります。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として月給と加算して申告しなければいけません。しかし確定申告しなくても良い際もある様ですのでおのれに当てはまるか否か念入りに検討してください。万が一あなたが会社員でサラリー2000万円以下、給与の所得を除いた所得が20万円以下(2.3の企業から賃金所得はないこと)という内容を守っている状態でいるということであれば特例措置というお話で確定申告は必要ありません。外国為替証拠金取引(FX)もうけが20万円以上の折は確定申告をしなければいけません。税の割合は儲けに伴い5〜40パーセントの六段階に区分されており儲けが高いのであれば税金も値上がりします。「取引所取引」においては、収益があるのならば他の実収とは別件として「申告分離課税」の対象となってしまうのです。税の度合いは全て同じ20%となりますが、もしも損がはっきりしたのだったら「取引所取引」の有益として欠損分を来年以降に先延ばしができます。上記のように、「取引所取引」の方が価格が少ない税になる際もありますので比較して検討していった方が良いでしょう。中でも未経験者のケースは、JASDAQ株価の変化や円高に毎日行き届き、利潤やマイナス分に興奮する事によって、税金においての事実を忘れがちになることもあるので要注意です。赤字は困ってしまいますが、利益が高騰すれば税金に関しても多くなるので注目と認識が肝要な点ですね。