LINK
ここでは為替相場における基本的理由とは何かについての説明です。為替とは何かというと「人の手で持ち金の送金をすることなくお金のやり取りの意図を実現するやり取り」を示します。普通為替市場というと国際の為替のことを言うという場合が一般的です。国際の為替というものはお金のやり取りのことを示します。外国へ旅行(イギリス、中国、タイ、アメリカなど)を過去にしていればみなさん外為のやり取りをしたことがあります。近所の銀行に行って違う国の金へ換金をしたならば、まさに外国の為替になると思います。為替市場というのは買い手と売る側の額を示したものです。銀行同士の間での取引の結果確定されるものです。その銀行というのはマーケットメイカーと言う世界中にあるたくさんの銀行であります。為替の相場は様々な影響を受けてもなお休む暇なく時間とともに変動して行きます。為替のレートを変化させる要因として、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズとは経済の基礎とかいろいろな要因のことです。国における経済成長や景気状態、物価水準、金融緩和、国際収支、失業率、有力者の言葉などのことが作用して為替の相場は変化して行くのです。ことさら貿易収支や失業者数は影響力が大きいと言われます。貿易収支というものは日本では財務省からの命令で日本銀行が貿易統計を利用して取りまとめた他の国とのある期間の売買を記したものです。外国取引の収支は中央省庁や日本銀行のホームページの中で確認することができます。雇用者の統計、失業者の数もチェックされる場合が多い要因だと言われます。格段米国の雇用統計は注目されます。月ごとに提示され調べるねらいが幅の広いところが特色です。為替相場の状況は各国の経済の変動を示しているのです。その国の経済の状況を見極めることにより為替の変化予想が可能になると言えるのです。