LINK

ようやく取引する時という局面では下調べをサボってはいけません。

取引を始める前であるとすれば、相場を合理的に観察する事ができるゆとりがあります。

ところが、ただ一度市場の内側に足を踏み入れるとどう試みても考え方が自分勝手なものになる事が多く時として適切な判断が出来なくなるリスクを負います。

それだけに自分自身のメンタルが理性的な状況で間違いない準備する事が大切なのだ。

”事前準備”するためには、まずは自らの台本を書くことから手をつけます。

投資環境は下がる(または上がる)から、米ドルを売買するというように、自分で考えた脚本を書いていきます。

次に日足チャートを確認しましょう。

以前の相場の上下動を確認して、今の位置を確かめます。

そうすれば、「今日は結構低すぎる状態である」あるいは「とっくに大勢の投資家の方々が仕かけているからこの後自分か取引してももう間に合わないな」ということが納得できます。

無論今はもうしかけるのが間に合わないなと考えたならば、仕かけないで、それはきっぱりと諦めることが肝心。

無理に自分自身のシナリオを妥協しないで、無理やりトレードすると、マーケットにやられて、逆に損失を被ることになります。

もっとも多くのケースで、準備が出来ている脚本を作っているとすれば、取引が遅いということにはならないと考えます。

リアルに外国為替市場が変化する前の状態のはずだからです。

更に、まずはあなたがとろうとする外貨の推移を調べる事が大事です。

例えばドル高に向うというストーリー展開を作成したのであれば、その外貨の上げ下げに注目する事が大事です。

外国為替相場の推移をチェックし始めたときでは、まだまだドルは誰の眼にも明らかに上げ下げする兆候を見せないで、わずかな上げ下げを繰り返しているだけだろう。

だけど、その推移を正確に注目しているとある場面でじわじわと円安へと相場が変化し始めます。

この状況でようやくドル円のエントリーします。

普通は、そこまで十分に準偏をすればその注文で稼げる可能性はかなり高まるはずだ。